えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもめと双子

サンゴら双子的には魔力あるやつこそすごいみたいな考え方だから、自分より魔法使えたかもめは本当に尊敬に値する人だったし、班組みで先に誘ったのも双子からだとよい ホタテはもう魔法使えないかもめに興味ないけど、サンゴは自分の元の考え方と気持ちにズレが生じてきてる事に気付き始めてる

__

で、かもめさんがなんで双子には特になんの興味もわかないのに魔法使えなくなってから会ったえびせんにはセクハラと無意識毒舌含めてまあまあ積極的に話に割ってくるかっていうと、今までエリート故に魔力やら脳みその中身的な意味で寄ってくる輩から開放されて、それ無しの自分でも認識して一緒にいてくれるから嬉しいんだろうなみたいな

__

二人にこっぴどく追い出されても次えびせん入ってから会った時は普通に前の班員ですとかみんなに紹介しそう かもめさんのメンタルおかしいっていうかメンタルとかない ホタテのドライさもガチでロストハートなかもめさん相手だと人間味があるように見えてくる

当時先生にも先輩にも敬意を払わなさすぎて嫌われてたほどのかもめがすずめみたいに魔法使えない子にですますで話してるの見てめっちゃ違和感抱くホタテさんとか散々酷い事言って追い出したのに平気な顔してるかもめに、それまで引っ付いてたことも含めて勝手に一人で気まずくなってるサンゴさんとか

__

かもめだけ感情ないタイプのクズエリートって感じだったから、双子は自分達のことをまだ人間味があると思い込めてたんだけど、かもめがいなくなると自分らを肯定化する為の差別対象を失ってしまって、その差別対象を魔法使えない奴に持っていってから軍人としてあるべき信念とか二人の願望がずれたとか

__

サンゴとかもめさん かもめが魔法使えた時はやたらべたべたしてきてたっていうあれ サンゴさんがどんだけ何をしようが平気な顔をしてるかもめに、思わず弟のホタテが、そんなにサンゴは魅力ないかな…確かに色気はないけどって言って姉にしばかれるやつ

__

かもめさんの本名知ってるから魔法で好きなようにかもめにダメージ与えられる系サンゴとホタテもいいなとか かもめサンゴホタテはもともと班員で、治癒魔法とかの対象にしたり同じ魔法を連携させる時にお互いの本名知ってた方が魔法の対象にできてちょうどよかったから

かもめさんは自分の本名気に入ってない(本名プラトニシアンはかもめ父が今まで失敗した実験体である姉兄に付けてた名前そのままなので、唯一として見られてないことが息子扱いしてもらえないのではっていう思い込みと重なってしまうから)のを利用して、本名呼ぶだけでも精神的ダメージ与えられるやつ

__

かもめさんがサンゴさんのことを嫌いとも好きとも仲間とも大して思わないままだったのは、サンゴが自分の力だけに反応してたのを知ってたから かもめは昔からそうやってたくさんの人に構われてきてたけど、 力だけ見てくる人とかもめがすごい研究成果を残すことだけを期待してる(ようにかもめには見えてる)父(子供として見て欲しいのにただの実験体として見てくる父、父の事を慕ってるからこその嫌悪感)が重なって見えるのであんまり好きじゃなかった

__

サンゴとホタテとかもめさんの身長はだいたい同じくらい、サンゴちゃんはきっとあの胸はパッドつめつめで作ってる サンゴと僕が結婚したらホタテと兄弟になれるねーって話するかもめと、魔法使えない遺伝子はいりませーんって言うサンゴ

__

アタシの方が魔力も勝ってるし可愛いのになんでこんなのに懐いてんのよ!どーせおっぱいに目が眩んでるんでしょー!?ってかもめさんの首ガンガンするサンゴちゃん でもかもめさんはすずめさんのことはお胸より内臓で気に入ってる

サンゴが魔法使えなくなったかもめに執着するのは、自分よりもすごい魔法が使えたかもめと同じ班員だった誇りを捨て切れてないのと、魔力の強さのみが基準の価値観では理解できないえびせんに入ってからのかもめの変化に戸惑っていて自らの価値観に対する疑問と戸惑いとそれに反発する気持ちの両方から

__

かもめさんもサンゴちゃんもただのエリート出来のいい子で片付かないようにしたいし、ホタテさんもただの金魚のフンタイプ長いものにはまかれろタイプで終わらせたくないってとこはある 彼らの優越感や劣等感のバランスはすごく繊細であって欲しい

__

サンゴちゃんがパッドを胸ギュウギュウにつめて、すずめさんに対抗しようと企むやつ 弟のホタテに、見てこのダイナマイトバディ!ってどやるけど、ホタテが、サンゴのはダイナマイトというよりは線香に近いとか言うから、少なくとも手持ち花火ぐらいはあるでしょ!?って言いながら砲撃かますやつ

サンゴちゃんがかもめさんに、どーせアンタは巨乳好きなんでしょー?っていいながら精一杯詰めた胸で体当たりしてくるけど、かもめさんは、そうじゃないんだけどなーっていいつつその胸をガッてして、これって偽物だよね?ってすぐ当ててくるやつ

サンゴちゃんのかもめさんに対する気持ちは恋愛的なあれというよりも、なんとなく悔しくて腹立つからいじめてやりたいのに何しても動じないから余計にむかつくみたいなそんなあれ サンドバッグが仕事しない的な認識 かもめさんとえびせんはサンゴちゃんの価値観が変わっていくきっかけにはなる

__

かもめとサンゴはとんとん拍子で上に昇りつめたお陰で自分の能力を過信してるところが重なってるけど無感情と感情的っていう真逆の要素もある

元班員トリオ(五鞠さんのキャラまとめ) / うちの子まとめβ

 

 

 

 

mari-ebisen.hatenablog.com