えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびせんラスボス

えびせん これさえ見とけばなんとかなりそうなまとめ

エシャロットは魔法国から少し離れた所に仮想の国を作ってて、自分の出した幻覚に騙されながら廃墟と化した城の中でいるはずのない国民を見守ってる 一人だけ生きてる家臣のアダンがエシャロットに仕えてる

エシャロットはもともと自分が別の人間から出来てることも知らないし、自分が出した幻を全て本当にあるものだと信じて疑わない 自分は創造の神とか思ってる 相手に幻覚を信じ込ませさえすれば、相手の感覚すら騙せる能力を持ってる 幻の刃物も相手が本物だと思い込んでいれば凶器になる

魔法国の魔力の根源はエシャロットの幻想空間のおこぼれ エシャロットがいなくなると魔法は無くなるかもしれないけど、もしかしたらラスボスが消えたあとに残ったなけなしの魔力と人々の思い込みだけでも成り立つような仕組みかもしれないって設定にしてるから、魔法国の国民が魔力喪失するわけないと思っていれば世界は変わらないままかもしれない

エシャロットの部下のアダンさんは魔法国の王女様を探して旅をしてるところ、エシャロットの仮想王国に迷い込んだ 王国をうろうろしているうちに、エシャロットの記憶や感情の断片から出来た世界からヒントを得て、エシャロットが王女でできてる事に気付く アダンはもともと王女の側近

ダンと王女の仲良さを恨んだ王様があらぬスキャンダルを疑ったせいで追放されたから、身の潔癖を証明する為に体の中身だけをサイボーグ化してから魔法国に戻るけど、その頃にはもう王女様は失踪してたっていう

エシャロットは女王様の時のことを何も思い出せない だから、アダンがエシャロットを分離させてまた女王様に会いたいとか考えてる事とか知らずに、唯一自分が生み出した仮想世界の中で(エシャロットは世界のすべてが自分の思い通りになると思っていてまさか自分が自身の幻覚にとらわれてるとは思ってない)自分の予想外の行動を起こすアダンに懐くエシャロット アダンもエシャロット見てるうちにエシャロットを失ってまで女王様を取り戻すべきかと考えてしまうようになる

えびせんそれぞれの問題が解決してから、魔法国の魔法の正体を暴くぞーみたいな展開でやっとラスボス出てくる予定 えびせんの話は全部思い込みから出来たしがらみがテーマな気が

−−−

関西弁のキャラが実は魔法国の王女さん 幼少期に田舎暮らししてたから自然と身についたもの 普段は隠してるんだけど、たまにポロッとでたり気を許した相手にだけなまりありで話したりする

従→主に見せかけて、従は今の主ではなく主を透かした先に見える大事な元主人を見てるって主従関係 ラスボスに仕える従は女王様を取り戻す為にラスボス側にいる ラスボスはその事に気付いてないように接するし従はバレてないと思ってる

たぶんどんなにこの世界に納得がいかなくても、世界を変えたり塗りつぶすだけの力は自分には備わってないので、それなら自ら別の世界を作り上げてそっち側に住みこめばいいんじゃないかなって考え方 大変な逃避主義だけどとってもクリエイティブに生きられる気がする

ラスボスが別世界を作って引きこもってる設定もそういう考え方から輸入してきてる いるだけで魔力が漏れだしてしまうから、その魔力がもとで魔法国ができた もともと魔法国は王族が魔法戦士の血を取り込むまで普通の世界と同じくらいの魔力しかなかった

 

mari-ebisen.hatenablog.com

ラスボスのエシャロットが自称神様 一応やつの魔力が駄々漏れなせいで魔法国には魔法があるわけなんだけども、その魔力は信じてないと働かない幻想の力だし、エシャロットさん自身も自分の能力に騙されてて、私は神だからどんなことも魔法で思いのままだと思い込んでる

自らの幻覚にとらわれてそのまま魔法国もとり込もうとしたラスボスが見せた幻覚に騙されかけながらもラスボスを受け入れようとするえびせんだけど、ラスボスがそれを拒んで、大好きな従者の大好きな人を閉じ込めたまま自らの体を犠牲にして消失するやつだったらバッドエンドだよなーって

えびせんと絡ませるとほのぼのと殺伐の両極端になりそう 好奇心旺盛な少年みたいな子だけど、幻覚で相手を追い込める力がある

__

ラスボスが殺伐越えたあとえびせんと仲良くなって、お前たちの願いをひとつ叶えてやる、私は神様だからなんでもできるって言うから、他の子に魔法使えるように頼めばって言われるすずめだけど敢えて、なんでもか、じゃあみんなで焼き肉食いてえなっていい顔で言ってその日は焼き肉パーティになるやつ

この後従者に、ラスボスが出来上がるまでの話と、魔法国の魔法の正体やラスボスの操る幻覚にラスボス本人が騙されてること、ラスボスに取り込まれてるのが魔法国の女王様で、もともと自分がその人に仕えてて取り戻したいけどラスボスはその事を知らないしラスボスも失いたくないって話を聞かされるやつ

ラスボスが挫折と絶望を与えるような幻覚を見せた後それぞれが求める理想世界にえびせんを閉じ込めてばらばらにするけど、からすが順番に他の子の生み出した異空間に飛び込んでもとの世界に引き戻させていくやつ まどマギの魔女のいるとことか、カビwiiの壁迫ってくるあの空間みたいな感じの別空間

前言ってた幻覚世界生み出すえびせんのやつのネタをここに持って行こう!ロリすずめさんとかかもめさんとすずめさんにフラグ立てたり走る即死トラップなこばとさんとかできる!楽しい!助けに行くのうずらさんでもいいな!

最終的にラスボス主が女王様に戻らず今の概念状態のままで、従がラスボスを置いていかないように体さらに改造して永久機関になることでずっと一緒にいられるねするお話になりそう それか主が消滅して魔法国滅びるかラスボス消滅後女王様帰ってくるか

__

えびせん世界観は、メインキャラ数名よりもラスボス主従の方がまともに会話できるからおかしい ラスボス主従とえびせんの絡みはなんかほのぼのしてそう 少し経ってから、こっそり従者が、主に本当のこと教えて消滅させる事で女王様救うかそれとも主に何も伝えずこのまま過ごし続けるか相談される

__

幻国に入ってきた時に五人とも幻術に取り込まれてそれぞれが思い描く通りの空間に新しい神様として引きこもることになるんだけど、そこから一人一人回収していく時どういう順番にするか迷う すずめさんは魔法受けられないと思い込んだままだったら無傷で生きてるけどうっかり普通に魔法の影響受けそう

からすさんが自分も幻術使いでそういうのの耐性ありそうなキウイさんに起こしてもらうやつでもいいなと思ったんだけど、からすさんの幻世界ではこばとさんの見た目になってるからすさんがいるから、これはだいぶショック受けそうだなーとか考えると不憫になっちゃって

でもあれだ、からすさんがこばとさんの世界のとこに行って説得しようとしてもその空間の中では圧倒的力を誇るこばとさんに太刀打ちできなくてやばくなってきた時にグローブ狙うっていうセコ技してこばと仕留めるやつとか欲しいからこばとは取り込まれたままがいい 何が弱くて強いのかって話して欲しい

かもめさんとこはすずめさんだらけだし、からすさんとこはからすさんだらけだから、助けに来た子らに不気味がられてほしい からすさん自分大好きだから周りは自分ハーレムなんだけど肝心の主点となる体はこばとさんの体してるっていうあれ

すずめさんは見た目じゃ誰かわからんくらいに小さい女の子ーみたいな見た目してて周りには自分の家族とか路地裏の弟分とかがいて、助けに来た子らも優しく迎え入れてそう うずらは30年間閉じ込められてた塔と同じ作りの建物の中に一人でいて、助けに来た子らを出さないように内側から鍵かけるやつ

好きに作れる世界に食べ物と強い自分しかいないのがこばと、自分そっくりのやつが複数飛び交ってる中で着飾ったこばとの体で動いてるのがからす、大量の欠損したすずめさんの治療だけしてるのがかもめ、幼女になって昼の森みたいな空間でたくさんの知り合いといるのがすずめ、一人で塔にいるのがうずら

第一印象的にはかもめさんが一番狂ってるけど、全く人間に興味なくて強さだけに取り憑かれてるこばとも大概だし、すずめやうずらを起こすのはなんか残酷な気がする 起こさなきゃみんなとずっといられるうずらと、誰かに守られてみたかったすずめが人を盾にして逃げまわりながら狂いかけるやつ

 

mari-ebisen.hatenablog.com

 

って感じでフラグとか立てたり自分の考え方とか強固にしてとりあえず全員起きてから普通に幻国に入って普通にラスボス主従に迎え入れられるやつ ラスボスは久々の来客に喜ぶし、従者はえびせんにこっちの世界の説明しながら主に秘密で相談をもちかける たぶん幻国の境界がすごい魔力あるんだと思われ

__

ほんとはここまで来る前にかもめさん死ぬ予定だったんだよなー懐かしい!なんだかんだみんな死ぬ事で得られる要素がその子が生きてる時の話の動かしやすさに勝らないからこのまま誰も死なない話でもいいかもしれない でもえびせん内で早死するのはかもめさんだしうずらはずっと生きる

お互いにお互いの気持ちを気づいていることに気づかない振りをしていることをお互いに気づいているけど言わないのリズム感超好きだしこのお互いに気付いてないふりをしてるからこそカリソメの平穏が永遠に保たれてるとこがほんとつらみある

__

うちのラスボス主従のいいとこはね、やつらの個人的なもやもやが魔法国全体の魔法のしくみとそれに乗っかって今まで生活してきたすべての人達のしがらみにまで関係してしまうとこなんだよ 他の人からしたらそんなことどうでもいいのにさ、二人にとっても他の人なんざ知ったこっちゃないのにさ

どんなに魔法使えなくて辛い目にあった人らも、魔法のおかげで楽して過ごせた人も、魔法が使えたせいで生きるのが苦しかった人も、いろんな人がいるんだけど、別にその根源はそんな人達のこと全く見てないしいることすら気付いてない、記憶の限りではずっと目の前の一人しか見えてない

__

エシャロットさんにとってはアダンさんが自分の世界しか知らず孤独だった自分を唯一目視した人なんだけど、アダンさんにとってはエシャロットさんは女王様の居場所の手がかり程度の認識でしかなかったんだよね、はじめの頃は そうだったらアダンさんも情報だけ注目してさっさと解決できたんだけど

エシャロットさんと一緒にいるうちに女王様の姿と重ねあわせてしまって迂闊に手放せなくなってくる 絶対に女王様と再開できる手立てがあるとも言えない状況ではあったから逃げの意味でしかないんだけど 女王様が戻らないならその要素をもってるシャロさんでいいかなみたいな無意識の逃げと妥協

言ってラスボス主従は普段超ほのぼの優雅にお茶しましょみたいなあれなんだけど、これまたアダンさんが魔法国やその他の国の文化をエシャロットに教えるから、エシャロットの作り出す幻国の構造や建物がその新しい知識に合わせて変わっていく そこからアダンが幻国の仕組みに気付いていくとか

__

そうだなー、二人だけで楽しければの境地に至るにはアダンさんがもっと長い年月エシャロットさんと過ごさないといけなさそうだし、しかもその間全く女王様の手がかりが見つからないとかじゃないとエシャロットさんに依存しないかもしれない でも目的見失うくらいに依存するのは確かにんまい

エシャロットさんはアダンさんの前では純粋無垢な少年だけど他の幻国に立ち入ろうとする人達には冷酷な人外みたいな動きしてたり、アダンさんに会うまでは誰にでもそんな感じだったとかでも美味しいのではとか考えてた

もうアダンさん父で女王様母でエシャロットさん子供みたいなやつに生まれ変われよっとかは思ったりするけど、たぶんその展開はシャロ様が望んでおられないような気がするからよくない なんだかんだ女王様とエシャロットは裏表になってるとよい、一度にどっちかしか存在できないやつ

__

とりあえずラスボス主従はおとなしく魔法国ツアーしててくれ…二人旅から始まり、えびせんちゃんに案内され路地裏組に裏道を教えてもらい、研究所見学して、学校の文化祭とか見に行って、教会に巡礼して、民族の集落に生活の知恵とか教えてもらったりして、美味しいもの食べて綺麗な景色見てくれ… (@citron_cyan)

 

たぶんえびせんが幻国に介入しなければアダンさんは惜しいとこでもだもだしながらエシャロットさんの従者ごっこし続けることになってるだろうし、エシャロットさんも流石に自分の事見てない事に勘付いてぎくしゃくし始めるからここでたぶん二人の平和を邪魔してよかったと思われる

純粋無垢でなんにも知らないけど女王様の時の記憶から情報を得てる少年ときどき乙女な中性人外エシャロットさんと、女王様を尋ねて三千里してる間に幻国に迷い込んだけどラッキーなことに目当ての手がかりがありそうとりあえず潜伏するかって居着いてたらシャロさんほっとけなくなったアダンさんって感じ

__

薄い本とか何か分かんなくて中身見てブワって赤くなって隠すシャロ様を微笑ましく見てるアダンさんとかそんなやつ ここでアダンさんが急いでシャロ様から本取り上げないあたりが闇である さりげなくこの人面白がってるだけでエシャロットさんを子供扱いしてない、こわい、半分女王様として見てるとこがあるといい

エシャロットはアダンさんがずっと一緒にいてくれると思ってるけど、アダンさんは女王様さえ取り戻せたら、女王様を国に返さず一緒に逃避行でもしようかなくらいのノリ もしやアダンさんそんなにいい人でもない?自己中?いや生い立ち的にその発想はおかしくないけども魔法の根源関わっちゃうからなあ

__

ダンさんは魔法国の端の方の郊外育ちで、そこに一時期別荘暮らししてた幼少期女王様と仲良くなってから、女王様とまた会うために国で働く従者さんになろうとする 女王様と再開してからはアダンさんと女王様だけの時はお互いのこと包み隠さず話せてふざけ合える親友以上の仲になるみたいな

そうやって密かに二人で他の人にイタズラふっかけたり枕投げしたりしてる事が今の王様に気付かれてあらぬスキャンダルの噂流されてアダンさんもいられなくなるとか 噂が冷めてから戻ってこようとしてたら、女王様がいなくなった話が魔法国の一大ニュースになっててーとか

女王様はアダンさんのこと普通に仲良しなお友達だと思ってたらいいけど、アダンさんはそこから一歩踏み出したいとかそんな感じかもしれない エシャロットさんとアダンさんだと、アダンさんはただの従者としてシャロ様を慕ってるけど、エシャロットはアダンにもっと違う目で見て欲しい気持ちは多少ある

でもエシャロットさんの中に女王様要素あるなら問題解決後アダンさん見る目にエシャロットさんとして一緒に過ごしてきた時の心の写りかわりも反映されて両想いになるのでは?でも裏表同じ人といえどもエシャロットさん側が報われないなー踏み台にはしたくねえけどアダンさん可哀想だしなー

__

もうエシャロットの帽子外したら女王様に戻るとかでよくねとか言い出してる 帽子が魔法国の魔法の成れの果てとかで 帽子がありさえすれば魔法国の魔法が消えることはないとか 案外必死に解決策調べてる時って簡単なことの方が思いつかなかったりして とかどうだろう、やっぱ雑すぎかなあ

もともとそういう仕組みではないんだけど、魔法国の魔法が思い込みで成り立つこととエシャロットがその魔法の根源だって答えに辿り着いたえびせんが、ラスボス主従を言いくるめて、そういう風になるようにラスボス自身の魔法でラスボスを思い込ませてそれを本当にしてしまう展開とかどうだろう

__

ダンさんはエシャロットさんが自分のこと好いてるのを気付いてるけど気付いてないふりしてるし、エシャロットさんもまたその事に気付いてるとよい でも諦めきれないからなんにも気付いてないような態度のままアダンに接してるってやつ

__

魔法国の魔法使いは、自分の力を信じれば信じる程強い力を使いこなせるから、自分のことを不可能のない神様だと思ってるエシャロットが一番すごい魔法使い 自分の幻覚を本物にする能力を、本物を生み出す能力だと思っていてその純粋な思い込みで膨らんだ力が幻国から漏れでて魔法国の魔力になってる

__

お城では女王様と二人のときだけ、アダンさん故郷の方言で話してたとかすげえ可愛いのではとか考えてたけど私が関西弁しか話せないので方言は関西弁になる エシャロットさんがいない時は気が抜けて一人称俺の関西弁になるからイメージめっちゃ変わるアダンさんとか

えびせんに向けてだけ話すときはいつもの敬語で家庭的なお兄さん感が抜けてもっと泥臭い男の人って感じになればいいと思う シャロ様の夢は壊したくないなってっていうアダンさんと、俺らの夢も壊さないで欲しいんですけどって文句いうからすさん

うっかりエシャロットの前で関西弁俺口調聞かれてしまったってなるアダンさんだけど、その程度でお前に失望するとでも思ったのかっていうエシャロットさんも欲しいし、女王様が中に入ってるだけあって話したことないはずなのに慣れた口調で関西弁話してくるシャロ様にトゥンクするアダンさんも欲しい

__

女王様はえびせんとラスボス(と魔法国の王族)をどうにか関連付けるために設定上いるんだけど、色や模様は少しラスボスで髪型や中身はちょっとこばと、口調はラスボスの従者って絡め方 残念ながらルートによったらアダンさんの回想でしか出てこなさそうだしそうじゃなくても最後にしか出てこない

ダンさんの魔法剣は鍵型になってて女王様の胸の飾りは錠になってるっていう アダンさんは突然いなくなった女王様がラスボスと関連してると勘付いてヒントを探る為にラスボスと過ごしてる

__

ラスボスのエシャロットさんとか素で良い夢みたくて自分を幻術で取り込んでしまった人だからえびせん自体が夢オチ展開はうそではないかもしれない、全てがエシャロットさんの夢なわけではないけど魔法国の魔法を生み出してる事実もその本人の力や存在自体も幻

__

女王様の本名がエシャロットでもいいなとか考えてた、歴史組の王族の子がラディッシュだしなんか上品そうな作物でいいかなみたいな、ラスボスの名前と被せてる 本当は女王様じゃなくて名前で呼ばれたいけど国の要だから本名なんて危険で誰にも教えてはいけないって言われてたみたいな気持ちから

エシャロットさんは女王様自身ではあるんだけど女王様とは別の人格を持ってるから女王様ではないっていう矛盾まみれの設定 自分の仕組みを勘違いしてるおかげで自称神様を名乗る幻の国の王様で魔法国一の大魔法使い エシャロットさんがいなくなると魔法国の魔法はなくなる

この女王様とシャロ様の境目の定義や別人と扱うか同一人物として扱うかどちらかかしか存在できない表裏一体の存在として扱うかによって魔法国の運命が変わる ラスボスのすごく個人的な思いだけで世界全体が振り回される、魔法のせいで得した子も損した子も決めごとも思い込みも社会の仕組みも

__

理想結界を作る事ができるのがシャロ様の魔法なんだけど、その結界内にいる間全てを自由に操れるんじゃなくて、本当はただの幻覚を見せてそれを本物だと信じこませる事で相手の感覚を騙す力 幻の刃を信じこませて八つ裂きにすれば相手は実際は無傷なのに結界の中では血を吐いて倒れるって感じ

不治の病の相手を治癒結界に包み込んで完治させたように錯覚させることもできる 相手が治ったと思えば本当に元気になるけどそれは結界内でそう見えてるだけで実際の体は麻酔をうたれたり麻痺したのと変わらないので治療どころか病気の進行を遅らせることすらできてない

本編クリア後は魔法国の魔法の秘密をえびせんだけが知ってることになるので、まじで理想結界をうまいこと使いこなして思うがままの魔法を使って変身しながらチート能力使ってくるようになるよ 自分と相手を魔法陣で召喚した結界に取り込んで異世界で戦うようなかっけえやつして欲しい

エシャロットさんはチート並の能力持ってそう、たぶんストーリー時に選択肢間違えたらレベルカンストしても敵わない設計で戦う無理ゲーになるやつ 一定ダメージ受けると戦い方や属性変えてくるし混乱撒いたり仲間操って自傷やら仲間討ちさせる アダンは魔法剣士+機械化した体から武器出してきそう

エシャロット(五鞠さんの創作っ子) / うちの子まとめβ

アダン(五鞠さんの創作っ子) / うちの子まとめβ

 




 

mari-ebisen.hatenablog.com