えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団とえびせん

すずめさんが旅の演劇団に頼み込まれて舞台に上がることになってしまうやつ すずめさんはきっとセリフとか覚えられないから、舞台裏で道具出したりしてるかもめや、舞台の隅に隠れてるうずらにセリフをこっそり教えてもらってなんとか演技する

かもめは台本読んだらいつの間にかをみんなのセリフ覚えちゃったタイプで、うずらは舞台に出るのは恥ずかしいけど隠れてこっちから覗くのは楽しそうって感じ どうせすずめの事だからセリフなんて覚えられないだろうという予想をして、すずめの分のセリフを覚えてきたやつ

からすさんは一人で三役くらいこなしてる お城のメイドさんと貴族とその辺に転がってる石の役 なんで俺が石の役なんかしなくちゃいけないんだよ!って文句言いつつもなんだかんだ真面目なので大人しく舞台隅で丸まってるからす

こばとはワイヤーアクションとかしてそう、主役にやられる雑魚敵集団の中に混じってる 途中でアドリブして主役を倒さないようにとすずめに嫌と言うほど言い聞かされてる すずめに後で私が好きなだけやられ役してやるからって言われて渋々頷くこばとさん

スカートの衣装を渡されたので素知らぬふりして他の人の衣装と勝手に取り替えて男用衣装で参戦するこばと お陰で雑魚集団の中に一人だけスカート履いてる男が混じってる

こばとがこけて石役のからすに当たって、その勢いで起きた風でうずらが隠れてたハリボテの草むらが倒れて、びっくりしたうずらがすずめに教えるセリフをど忘れしてしまって、すずめが何も言えずに突っ立ってる時に、 かもめが次は〇〇ってセリフじゃなかったかなーって言った声がちょうど音響機器に拾われてしまって舞台が大失敗して旅の演劇団に追い出されるやつ すずめは私の記憶力がバカじゃなかったらと落ち込むけど、悪いのはお前だけじゃなかっただろってからすがちゃんとフォローする