えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えびせん 食べ物 こばととからす

えびせんが鍋とかしたら、からすが嫌いな食べ物を順番に他の子にあーんしてみるけど、こばとしか受け取ってもらえないやつ こばとは食べ物ならなんでも受け取る

こばとにばっかり具を押し付けるからすを見兼ねたすずめが器をドンと置いて、私が食ってやるからこの中に入れてけ、ただし必ず全種類一個は食べろよってオカンするやつ たぶん二人の実に自然なあーんを見ていられなかったからだと思われ

すずめも肉ばっか食ってるじゃねえかよ!太るぞ!ってからすに応酬されて、私はお前と違ってちゃんと別のも取ってるし!!って言いつつ肉取る量があからさまに減るすずめさん

かもめがからすに、あーんで食べさせるのには何か意味があるのかなって指摘したところで、からすが自分があーんでこばとに具を押し付けてたことに気付く たぶん動物に餌やりしてる感覚でやってたんだろうけど、傍から見たらいちゃついてるように見えたのではとか無駄に深読みしちゃって固まるやつ

うずらさんが鍋の具を取り分けたやつが冷めるまで待ってたのに、そこにできたよーってあつあつの白菜とか豆腐をどんどこ入れてくるかもめさんに怒って熱湯をぶっかけるうずら すずめは冷ましてるの分かってて入れてなかった

冷水入れて冷ましたらいいのにって火傷を冷やしながら言うかもめに、味が薄くなるのは嫌って返すうずらさん かもめは感覚薄いのでそこんとこの加減が分からない