えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殺伐としたなにか

直接殴るタイプのキャラの腕が切断されて攻撃のしようなくなって立ち尽くすやつとか、足が速いとか蹴りで戦う子は足をもぎたい 主君やヒロイン守って自らが盾になって槍の猛攻受けてあちこち串刺しになって気絶しつつも倒れないみたいなのも好き
自宅っ子は割ともげて欲しい気持ちもあるんだけど、なんかうずらさんは遠距離魔法職だからもげても嬉しくないんだよなー、どっちかっていうと周りが自分庇ってズタズタになるのを真っ白なスカートに血痕すら付けずに遠くから見てる事しかできないみたいな絶望感が似合う気がする
__
戦闘中にかもめさんの寿命が来て突然身体ぶち破れて破れた内臓から植物が物凄い勢いで成長していくやつは何回も妄想した、えびせんは弱いから回復役がいなくなるとほんとあっという間に崩れるんだって…突然仲間死んだショックと戦闘態勢の建て直しが不可能になる二重の絶望感
 
あれだ、自分が武器としてた身体の部位が喪失した瞬間に襲ってくる虚無感みたいなやつもすごく好きなんだけど、なんとか無事に助かって手当てされた後真っ白な病院内であったはずの部位が動く幻覚を感じながらぼうっとしてしまうところもいいなって、血みどろじゃないからこそのエグみがある気がする
 
盾が壊れたもしくは無くなったあとで、敵の銃口が仲間に向いた時、なんの躊躇いもなく自分の身体に相手の銃先を押し付けて撃てよってやるすずめさんはとても格好良いと思うしその状況になったらあの子なら絶対そうするしそれでも本当は仲間に引き止めてもらいたいって思ってしまう弱さも残っててほしい
__
からすさんは打たれ弱すぎて即死っぽいし、かもめは寿命で体を葉っぱに突き破られて死ぬしか思い浮かばない 一番痛めつけられて死にそうなのがすずめで、死ぬ前に既に我を失ってて痛みすら分からなくなってぐちゃぐちゃになってそうなのがこばと うずらは周りがやられていくのを見ることしかできない
__
あーー打撃を受け過ぎて崩れかけてきたすずめさんの肉体を保つ為に一番仕事してなさそうにみえるからすさんの肉を使って体を修復してみようとするかもめさん…肉が必要なんだして欲しい……君が犠牲になる事ですずめさんだけじゃなくてえびせん全員が生き延びられるようになるんだって諭すやつ…
__
いつも通り戦闘終わってさあ出発しよっかーってなった時にいつも通り他の子のとこに駆け寄っていくかもめさんだけどえびせんのもとに辿り着く前に急にお腹が裂けて弾けるやつ!!!なんていうか、何気ない幸せな日常が突然崩れるやつめっちゃ好きだからかもめさんはすずめさんの次に脳内でよく殺してる
__
迷子をもとの場所に届けるって名目でえびせんに保護されてるうずらさんはたぶん最後までみんなに守られていきそう(他は一応試験に受かって軍に入った正式な軍人) その事がうずらさんには辛いかもしれない、うずらさんは長寿と加えて死ぬに死ねない立ち位置になりやすい 孤独とか疎外感を象徴してる
__
こばとはなんか事故とかで一瞬にしていなくなるの似合う、死に様までたぶんどんくさい なんか間で苦しくなって立ち止まったり逃げようとするのとかそういう感じはあんまり無い からすさんは恨みか愛で人に殺されるやつ 悪いやつではないんだけど、自分が人付き合い上手すぎて不器用な人を知らん間に傷付けてるとこがある
 
かもめさんは早死にして欲しい、平和的でもエグい方でも 人工生物だから寿命長そうじゃないし前例を見る限りまだ生きてる方がおかしいくらいだから すずめさんは何回も死んでは蘇ってるけど、最終的に生き返らなくなるのはかもめいなくなった後の戦死か平和に寿命かな
__
なんか前も言ってたような気がするけど、こばとさんはどんくさいから事故って死にそうだし、からすさんは殺されそうだし、すずめは戦死で人庇って死にそうだし、かもめは突然の植物化で強制離脱するし、うずらはみんなが死んでも死ねないっていう死に様までばらけるからほんと妄想しがいあって楽しい
__
こばとさんが死ぬ間際に私、強くなれたかなあって穏やかな顔して近くの仲間に目線を投げるやつはつらい 負けず嫌いでいつもならやだやだこんなとこで!って駄々こねて悔しくて怒りながら泣いて悪あがきしたり腕がもげても体当たりするようなやつが動くのやめるのは終わり近づいてる感半端無くてやばい
__
うずらさんはみんなに庇われて最後まで生き残ればいいし、自分を助けてくれた全ての人の為にも生きないとって感じで生に執着してきたのに、私がいなければこの人達は死ななくて済んだのかもしれないってなって信念揺らいで欲しい うずらさんはひたすら死ねない辛みって感じ 何にも死なせてもらえない
 
私が生きるよりも貴方が生きてた方が喜ぶ人はたくさんいるのに、貴方はまだ夢を叶えてないのにって重症で意識朦朧のすずめさんをはたき起こしながら言ううずらさんと、私なんかが生きてるよりかはお前が生きてた方が私は嬉しいし、お前のこと待ってる奴もいるんだろって返すすずめさん
__
植物化が始まって一瞬魔法を使えるようになったかもめさんが、自分の死期が迫ってることを自覚して、えびせんの子らにわざと酷いこと言って脱退するやつ書きたい…あのかもめさんがひどいことだとわかって毒吐くとこみたい

僕は君たちみたいなのに構ってる暇はないんだよ、時間がないんだ まだ何も成し得てないのに、早くしないと僕もまたお父さんの失敗作になってしまうって途中からわなわなボロが出たりするやつ?魔法使えば使う程植物化進行が早くなるのに無理矢理魔法使うやつ
__
かもめさんがすずめさんの死体を引きずって、僕が治せないわけないじゃないですか、とか、僕はお医者さんだからって変な方向に話しかけながらうろうろ彷徨うやつとか何回妄想したかわからん
__
班が壊滅して一人だけ生き残ったうずらさんが血で湿った地面を這いずりなりながらぐちゃぐちゃになってる死体4人の砕けた骨をかき集めて袋につめてからそのまま一人で旅を続けるやつ 四人の肉を食いに来た野生生物を前に青白い顔で乾きかけた五人分の血を操り森一面を血の海にするうずらさん
__
こばとさんは腕が武器だけど、足をダメにされた方がショック大きそうな感じはする 自由に飛び回れなくなるし 腕は切り落としても足技鍛えだしそう
 
からすさんは顔面さえ狙わなければなかなか精神的ショックを受けない あと髪の毛 からすさんの内面の強さはなかなかだと思うし目の前で仲間死んでも発狂したり意識遠のいたりしないしこばとやかもめみたいに感情移入しないわけでもない ただし一発殴ればすぐ気絶するから弱い
 
すずめさんは腕吹っ飛ぼうが足もげようが首チョンパされようが仲間の前から動かないよね でもあのこの弱みは仲間だから、仲良くなった人が増えれば増えるほど不利になっていく 人質とったりしたら手出せないし裏切られても攻撃し返せないとこが でも下手に仲間に手を出すと倍返ししてくる
 
かもめさんは割と何言っても平気だし痛みも感じないから、絶望においやるとかはめっちゃむずそう 治療係だから仲間やられても回復させればいっかーってなる でもあえてそこにつけこんでかもめの回復が追いつかないくらい他の子メキメキにしたら自分の技術が及ばない事にプライド傷つくのではとか
 
うずらさんも大概冷静なんだけど、あの子は知識豊富な割りに経験が全然ないから上手いこと補助に回れなくて攻撃ぶっぱしてるとこはあるし、遠隔魔法専門だから戦闘中周りからは若干孤立してるんだよね 他の子が敵の攻撃とかに巻き込まれてても自分は無傷だったりとかザラにある それを恐れててもいい
__
すずめさんの身体だけ操って他のえびせんと仲間討ちさせるやつとか美味しい、ぐしゃぐしゃ泣きながら悲痛に叫んでて、自分の手でボコボコにされてる他の子が今まですずめさんに向けた事が無い様な怯えた表情を見せるから余計に追い詰められるすずめさん かわいい
__
ドロドロしたやつからすさんとこばとさんでやるなら、からすさんがこばとさんの腕切り落としてこばとさんがからすさんの顔にナイフ突き立てるやつな お互いそれを失えばアイデンティティなくなるんじゃねってくらいだいじなもの でもそれのせいでごく普通の人間になれなかったっていうのもある
__
かもめにいつの間にか改造されててゾンビエンドでも、うずらが夢遊病みたいに死んだ四人の霊と旅を続けるルートでも、かもめ植物化後その近くに住み着くえびせんでも
__
うずらさんの体の中で元の魔力と塔の魔力の混じり方がおかしくなって、突然普通に毎日過ごしてたところから、一日経てばまた同じ日の始まりに強制ワープしてしまうようになるやつ 時間の概念がうずらさんの中でおかしくなって、ついにえびせんらの前ではなんの前触れもなく精神壊れるやつ
 
でもずっと一人死ぬことがなかったうずらさんが同じ日の中でしか生きられなくなることで、ずっとえびせんの他の子と死別することはなくなるって見方もできるから、それに気付いたうずらさんが足掻くのをやめてそのループ世界の中に居座ることで元の世界にいた自身の存在まで溶かして消滅してしまうやつ
__
死ぬ間際に言うやつはキャラによって好み変わるなあ、こばとさんとかにはまだ死なないこんなもんで死ぬもんかって絶叫しながら息絶えて欲しいっていうか呆気無く息の根止められるのもよい からすさんは痛い助けて死にたくないって言いそうだけど言うまでもなく気を失いそう、情けないけどそこがいい
 
すずめさんは懺悔系かもしれない、他を怖がらせないよう痛みと怖いの堪えて無言のまま死にそうでもある かもめさんは植物化以外だと痛み感じないから自分でも気付かないうちに平気な顔のまま死んでそうで怖い うずらさんは殺すと死ぬ不死身なんだけど、殺されたら死に際安堵の笑みを浮かべそうで辛い
 
すずめさんはなんも悪くないのに最後まで守ってやれなくてごめんなとか魔法使えたら云々とか言いそう、めっちゃ暗い あの子の大雑把で表情ころころ変わるとこと根暗でネガティブなのはほんと表裏一体 うずらさんは、そう、ありがとうね これで私もさっさと楽になれるのかなって殺したやつに言いそう
___
こばとさんだけ生き残ったら獣みたいに無表情でみんなの肉を貪ってそのまま精神が人じゃない何かになってしまって欲しいし、うずらさんだけ生き残ったらぐちゃぐちゃの死体から骨を少しずつ取って小さい巾着にいれて首から下げてまるで四人がいるような素振りでそのまま旅を続けて欲しい
__
洗脳や調教で強制的におとすのが悪堕ちで自分から落ちてくのが闇堕ちだとしたら、悪堕ちしてほしいのはからすさんうずらさんで、闇堕ちして欲しいのはこばとさんすずめさんかな
 
からすさんはこうでもしなきゃ手に入らんからって諦めて悪の道に行ったキウイさんに幻術かけられてそのままお嫁に貰われていきそうだし、うずらさんは内外逆転歳の差ロリコン紳士ゲンブさんが魔法書で操られてる時に目を覚まさせられなかったらそのまま氷使いとかにされて嫁に貰われていきそう
 
こばとさんは強さを求めて自ら勝手に悪に染まるやつな、そういう悪い物の影響とかすぐ受けそうだし乗り移られやすそうなイメージ すずめさんは一人にしないで型でお前がそうなるなら私もってついてっちゃう道連れ闇堕ち 外見からみると忠誠心高めイケメン従者に見えるけどメンヘラヒロイン力ある
__
えびせんが順々に死んでいく時はたぶんかもめさんからかなー、あの子が死ぬと復活ループが途切れるから うずらさんは最後まで生き残るのが私の脳内の定石だけども不老なだけで死にはするから、迷子保護として連れてたやつが戦闘に巻き込まれて死んでパニックに陥る底辺軍とかもやりたいかもしれない
__
すずめさんが死んだら一番深く悲しむ人間が多そうだけどもすずめさんは役割的に一人だけ助かるとかそういうことはなさそうだし、もし一人だけ助かったら自分で死のうとしかねないくらいのあれな気がする でもすずめさんが死んで路地裏連中に責められるえびせんとかいう修羅場も見たい
__
殺してって頼まれたらふっつーに殺しそうなのがこばととかもめかな こばとは私の力だったら殺してもらえると思ったのかなーってむしろ嬉しくなったり、かもめは人間殺すなんてめったにできないから貴重な経験だなー的な あとでなんか寂しくなってきて、しまったなーって後悔するやつ なんかずれてる
 
すずめは馬鹿野郎って言いながらめっちゃ痛いビンタからの説教するし一人で怒って泣いて大騒ぎする からすはなんかあったのか美少女が慰めてやろうかって心配してくれるし殺すとかいう選択肢はないし死にたいとかたぶんからすには分からん うずらは勝手に一人で死ねばって放置する(殺さない)
__
えびせんがリズミカルに身投げしたり切腹したりするだけのgifとか作りてえ…なんか爽やかに死んでいくやつ,青空広がる屋上からジャンプするやつとか映像的に好き いやもがき苦しみながら野垂れ死ぬのも見てて嫌いじゃないけど死ぬとは思えんくらいの綺麗なやつとかいいなって
 
こばとさんが踏み切りの前に立ってる⇒電車通る⇒こばとさんいない からのからすさんそこに花投げて次の場面で自身の髪を切ってる途中で首筋にハサミ立てだすやつ 暗転後かもめさんがその部屋入って(グロいのでからすの体映らない)花投げる
 
かもめさんは花瓶に入ってた劇薬とか飲み干して欲しさある 割れた花瓶と水と血の混じった液で濡れる切り花とか散らばってるやつ そこにすずめさんが花投げて その後学生服のすずめさんが学校の屋上でぶらぶらした後そこから飛び降りるやつ そこにうずらが花を投げてうずらは死なないで終わるやつ
ツバキは花の頭ごとボトッと落ちるんだよな、からすさんもそれに倣って綺麗な顔を全く汚さないままみんなの目の前で首をばっさり切り落として痛みさえ感じないくらい一瞬で殺してやりたいよな
_
なかなか死なないなあーって言いながら他の子の始末終えた後頑丈なすずめさんに手を掛けて何回も刺しつけるかもめさんと色んな意味で辛いのにやたら体が丈夫なせいで死ぬに死ねないかすずめが表れるからえびせんに残機制はやめよう 
かもめさんがすずめさんロボトミー手術しちゃってからすずめさんがちょっと前と様子変わっちゃってかもめは首を傾げるけど寂しいとかまでの感情には行きつけない心の足りない天才肌なかもめさんは辛い