えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンゴとホタテ

双子ライバルキャラ サンゴとホタテです やっぱ左右対称にしたい⇒眼帯つける⇒なんか海賊っぽくね⇒海っぽい名前にしようみたいな雑さネーミング

姉のサンゴさんは魔法使えないとかwwwって考え方なので、すずめさんとバッチバチする予定、でも二人共アホのこだからネタ的絡みもできる 弟ホタテさんは姉サンゴさんの暴言をフォローするから優しい子かと思いきや仕事と効率の為にそうしてるだけっていうドライ奴 シリアス面で本性晒しそう

__

サンゴさんが魔法使えなくなって弟に助け求めた時ホタテさんは、サンゴごめんねって通常通りの困り顔で言ってきて、私は仕事があるからサンゴだけで辞退の手続きしてきて?あれ、辞退するんじゃないんだ?魔法使えない人はいらないってあんなに言ってたのに?って責めてくるっていうあれ

かもめさんが魔法使えた頃サンゴさんがかもめさんにべったりだった可能性もあるなあとか、ホタテさんが誰よりも強かった魔法使いのかもめさんを同じ班に引き入れた かもめが魔法使えなくなった時の反応やばそう

でもどーせかもめさんはかもめさんだから二人にこっぴどく追い出されても次えびせん入ってから会った時は普通に前の班員ですとかみんなに紹介しそう かもめさんのメンタルおかしいっていうかメンタルとかない ホタテのドライさもガチでロストハートなかもめさん相手だと人間味があるように見えてくる

当時先生にも先輩にも敬意を払わなさすぎて嫌われてたほどのかもめがすずめみたいに魔法使えない子にですますで話してるの見てめっちゃ違和感抱くホタテさんとか散々酷い事言って追い出したのに平気な顔してるかもめに、それまで引っ付いてたことも含めて勝手に一人で気まずくなってるサンゴさんとか

すごい他人行儀でゾッとするくらい穏やかに接するかもめさんに対して内心恐怖を感じてしまう双子ちゃんとかよくね!!!??? (@citron_cyan)

性格悪い系双子が中身すっからかんの元エリートをコケにしたはずなのに逆に自分達が翻弄されてる展開とかありだなってrt

__

なんも意識してなかったけど、かもめさんは一応名前的に海関連の名前周りに置いても似合うから、元班員の双子ちゃんがサンゴとホタテで海関連なのお似合いな感じだと思うとよい やたら出来がいい子供がそれぞれ別の意味でえぐみしかない発言する3人エリート班とかめっちゃ関わりたくないな!

__

かもめサンゴホタテは昔から持て囃されて育ったもの同士の三人組なんだけど、上の人らはたぶん性格悪いというか扱いにくい三人のことたぶん嫌いだろうからさっさと発展途上なこどものうちに身の丈に合わないクラスの軍人にして魔力使いきらせて捨てたかったのかもとか考えると大人きたなくていいな

かもめだけ感情ないタイプのクズエリートって感じだったから、双子は自分達のことをまだ人間味があると思い込めてたんだけど、かもめがいなくなると自分らを肯定化する為の差別対象を失ってしまって、その差別対象を魔法使えない奴に持っていってから軍人としてあるべき信念とか二人の願望がずれたとか

子供の頃から褒められ慣れして感覚マヒってきてたとかだといい あとは自分らがこれだけすごいすごい言われてるとこからいつか見捨てられたらっていう サンゴは下を馬鹿にする事で伸びしろなくなった自分の地位を保とうとするし、ホタテはその姉を止めるふりはするけどいつか踏み台にしようとしてる

__

サンゴはかもめが魔法使えた時はやたらべたべたしてきてたっていうあれ サンゴさんがどんだけ何をしようが平気な顔をしてるかもめに、思わず弟のホタテが、そんなにサンゴは魅力ないかな…確かに色気はないけどって言って姉にしばかれるやつ

サンゴはこばとより身長低くてこばとよりお胸あるイメージ いじめっ子気質の子供で、だいたいかもめと同い年 えびせんをわざわざ馬鹿にしにくるけどすずめ以外あんまりダメージ受けないからすずめさん総攻めにあって泣かされてる ただしすずめの前で他の子ディスするとすずめがキレて立場逆転する

__

性悪双子のサンゴとホタテは持ってる素質は同じなのに全然戦い方違うといい サンゴさんは魔法バンバン使ってど派手な爆発音たてながら大砲撃ちまくったりして力を誇示するけど、ホタテは魔力が尽きたら魔法使えなくなる噂を恐れてるから、力はある癖にちまちまドレイン系の小技ばっかり使ってそう

__

サンゴちゃんとホタテさんの性悪双子は二人共クズの予定だったのにサンゴちゃんが振り返り気味になってホタテさんのクズ力が上がって姉をうまいこと言いくるめて利用してるやつみたいになった

__

かもめさんの本名知ってるから魔法で好きなようにかもめにダメージ与えられる系サンゴとホタテもいいなとか かもめサンゴホタテはもともと班員で、治癒魔法とかの対象にしたり同じ魔法を連携させる時にお互いの本名知ってた方が魔法の対象にできてちょうどよかったから

かもめさんは自分の本名気に入ってない(本名プラトニシアンはかもめ父が今まで失敗した実験体である姉兄に付けてた名前そのままなので、唯一として見られてないことが息子扱いしてもらえないのではっていう思い込みと重なってしまうから)のを利用して、本名呼ぶだけでも精神的ダメージ与えられるやつ

__

サンゴに散々魔法使えないグズって言われて何にも言い返せないすずめを見るだけで姉を止めないホタテ ホタテは自分の居場所の確保を優先するタイプ、いじめっ子の取り巻きみたいな まともな思考あってやるべきじゃない事とかの判断はできるんだけど、 そっちよりも自分の効率よく動ける環境や自分より強い敵を作らないことを優先するのでいざとなれば姉よりも残酷に仲間を切り捨てるし、かもめを先に見限ったのはホタテだといい そしてサンゴが魔力使い果たして用なしになったら迷いなく置いて行く

__

魔法ができるだけでエリートに成り上がっていったサンゴとホタテとしては個人の魔力差に価値を置かないと自分を保てないとこまできてるから今更考え方を変えると自分の自信が失われることになる

力に対する自信が失われると魔法にも影響がでるのにホタテは薄々気付いてる 昔から魔法使えない子を馬鹿にしたり自分より魔法上手くない人を年上でも軽く扱ってたから周りから孤立してて今の尺度じゃないとまともな精神で生きていけない そこに自分達よりすごい魔法使いのかもめがいたから崇拝してた

__

ホタテさんは脳内で影薄い系不憫キャラが付きはじめてるからほんと私は素でシリアスなキャラ作れんのな サンゴちゃんはツンデレ肉食系噛ませエリート

サンゴちゃんはめっちゃ噛ませガールだし小物いじめっ子だけど、自分の魔法にしか執着できなかったせいで誰かの上に立ちつつ自分を認めてもらう術を得そこなったっていうだけ ほんとは考え直す機会もあったけど、そういう時弟のホタテがそのままのサンゴとでいいよってフォローしてきた

サンゴとホタテは同じくらい魔力あるエリート双子なんだけど、ホタテがサンゴに振り回されてるようで、実はホタテがサンゴの内面をコントロールしてるっていう ホタテは姉に派手な魔法使わせて力をアピールしながら自分は力を使うのを抑えて、姉が使えなくなったら見捨てるくらいの心意気

基本的には表向きはサンゴがえびせんみたいに魔法使えない子らに意地悪なことしたり言ったりしてるのを、ごめんねーってぺこぺこ謝りながらサンゴを引きずって止めるホタテみたいな絵面 魔法使えた頃かもめと元同じ班で、魔法使えなくなったかもめを馬鹿にする為にサンゴが纏わりついてる

__

サンゴちゃんが魔法使えなくなったかもめのストーキングしながら小石投げたりしてるのは、昔ひったすら懐きにいってた時は全く相手されなかったのに、かもめが魔法使えなくなってから馬鹿にしても凹んでもない上に、えびせんと一緒にいる方が楽しそうなのが気に食わないから

サンゴがかもめにちょっかい出すのをホタテは止めないけど、それはホタテにとって姉のサンゴが今一番自分より強い人だからって理由だけ 姉に力が無くなったらすぐに従うのを止める気でいる 長いものにはまかれろ精神しかないけど、人並みの紳士力や気遣いを見せて上手いことやっていくのがホタテ

__

サンゴホタテがもっと小さかった時に、姉の横暴な態度に腹立った他の子が力をあんまり使おうとしないホタテならって思って八つ当たりしてたとかでもいいかも 双子だから顔もそっくりだし、いい鬱憤晴らしにされてたとか その事があってホタテは姉がそんなに好きじゃないとか

でもサンゴだってその事教えて貰ったら弟の為に他の子一網打尽にしてたと思うんだよね サンゴにとってホタテは唯一自分と同じ境遇である運命共同体だけど、ホタテにとってのサンゴはいつも尻拭いや濡れ衣ばっかり押し付けられて勝手にこっちの居場所を無くして策略を潰してくる迷惑な存在

姉が魔法至上主義過激派だからその姉の発言のあとにフォローをちょっとするだけで自分がいい人に見えるのを利用してる 魔法使えない子に対する偏見は姉と同じくらいあるけど、自分の立ち位置を確保するためならそういう素振りをあえて見せずに中立的な立場を演じる事もある ある意味姉よりも性格悪い

性格悪いの隠しきれない子供だから仲間がいないサンゴと都合のいい人だけにごますりするホタテが唯一本音で毒吐けるのがお互いだけっていう サンゴは運命共同体だと思ってるけどホタテは姉も使い捨てるつもり

__

サンゴちゃんは自分が一番じゃないと嫌、自分こそが一番すごくてつよくてかわいいっていうのが世界の常識じゃないとだめって子 これはからすさんのナルシストやジュリ嬢の上から目線ともまた別で、自分で自分を追い詰めて上に居続けようと自らの首を締めながらも下を見下していくタイプ

サンゴちゃんはずっと一番すごいのが自分じゃないといけないって周りと自分そのものからのプレッシャーと期待を同時に受けながら育ってきた子 誰かをコケにするのも自分が上であることを誇示して自らに自分のすごさを再確認させる為 そう振る舞う為に築いた基盤は並じゃない努力でできてる

サンゴが魔法使えなくなったかもめに執着するのは、自分よりもすごい魔法が使えたかもめと同じ班員だった誇りを捨て切れてないのと、魔力の強さのみが基準の価値観では理解できないえびせんに入ってからのかもめの変化に戸惑っていて自らの価値観に対する疑問と戸惑いとそれに反発する気持ちの両方から

サンゴちゃんは我が強くて力も強くて自分が一番じゃないと気がすまない傲慢っ子 弟が大事じゃない訳では決してないんだけど弟は姉のこと完全に誤解してる

弟は姉の自己中なとこを他の子に謝る立ち位置、ほんとは姉と同じくらい強いしエリートなんだけど周りにナメられまくってる なので毎日ストレスマッハで内面はすげえトゲトゲしてたりするし既に歪みきって腹黒と化してる 他の子にへらへらしてるのは外見だけで中では相当人を見下してる


ホタテはかっこいい幹部な大人に憧れて子供の頃から一人称私だとよい、それを他の子に女みたいーって言われて困り笑い浮かべてたらサンゴがその子らに、ホタテはアタシと一緒にすっごいエライ人になる予定なんだからジャマしないでよね!いつか全員こき使ってやるんだから!って言い返すやつ

サンゴは弟とは一心同体だしずっと一緒にいたいと思ってるしホタテが弟でよかったって思ってるけど、ホタテはサンゴがいなかったら、サンゴに歯が立たない他の子にサンドバックにされる事もなかったし自分の力がサンゴのせいで霞むことも無かったからいなきゃよかったのにってずっと思ってる

サンゴちゃんは弟がまさかそんな事思ってるとは考えてないしホタテがサンゴの言う事をすぐ聞いてくれるのは仲良し姉弟だからと思ってるし弟の事をちゃんと守れてると思ってる ホタテは自分の気持ちを隠して常に人に気を使って作り笑い浮かべながら姉の心理を操作してていつかのし上がる機会を待ってる

サンゴは個人でホタテは全くの集団主義なのが個人的におって思った サンゴちゃんは自分の意見はちゃんと言え派なのにホタテくんはそんな姉を見て図々しく思ったから相対する考え方になったんじゃないかな 只管その場を丸く収める為に自分の意見を出さず周りに合わせてストレス溜めるのがホタテ



サンゴ(五鞠さんの創作っ子) / うちの子まとめβ

ホタテ(五鞠さんの創作っ子) / うちの子まとめβ

 

 


 

 

mari-ebisen.hatenablog.com