えびせんネタまとめ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生になったら

えびせん イフネタ

えびせんが先生になったら、こばとは外国語で、からすは文章表現で、すずめは体育で、かもめは理科兼保健体育で、うずらは国語全般って感じかもしれない 

__

からすさん生徒の書いた文とか読むの好きそう 色んな伝説とか聞いたことある話からお題とかだしたり 思いつかなくてだらだらしてる子には、先生にラブレター書くつもりで頑張って!〇〇くんの文章読むの楽しみにしてるから、ね?って色目使うからだいたいやる気を引き出せる 美術の授業とかで絵のモデルしそうでもある

こばとはどんな国の言葉でも話せるからやたら発音いい でも素で文法間違えるし、テストの丸付けもミスりまくりそう たまに英語教えるの飽きて自習にしたりするから授業がなかなか進まなくて他の先生に怒られる 

すずめは生徒と混じって鬼ごっことかドッチボールしそう 運動できない子を助けたいのに運動できる子に絡まれることにかなり悩んでそう 普段はジャージを上から羽織ってるから見えないけど、水着着た時にすごくおっぱいなので男子生徒にめっちゃ見られるし、触られたりしたらうっかり生徒を水面に沈めてしまう 保健体育は恥ずかしいのでかもめに任せる

かもめさんは単元とか自分がやりたいとこだけやるから、生物はだいたいテスト範囲が植物とか遺伝子関連の単元に偏る 保健体育の時間にまで生物の内容を持ちだしてくるし逆も然り 保健体育は手当のしかたから事故の防ぎ方、性教育までばっちり詳しいのでちゃんと教えられる けど表現がダイレクトすぎてエログロになるので、たまに見回りに来たすずめに教台から引きずり降ろされる 

うずらは冷たい怒り方をするので生徒から恐れられてる たぶんうずらさんの授業の時はめっちゃ教室静か でも配るプリントには可愛いキャラクターが印刷されてたり、日誌の返事だけは優しい

__

ひたすら甘くて作業する気起こせないなのがすずめでひたすら厳しいのがうずらでご褒美でつりつつ面倒見てくれるのがからすだけど、他の二人はまじで作業についてなにも触れなさそうでまずい

うずらは教え方厳しいけど間違いを的確に見つけてなんで間違えたのかをちゃんと説明できるタイプの人だといい すずめさんは褒めて伸ばすタイプだな、間違えてもここ難しいよなーって言ってくれる こばとはここできたらお菓子あげるじゃなくて、一緒にお菓子食べようって言う(自分が食べたいだけ)

からすさんはテストの点数がどれだけとれるかによってご褒美くれそう、80点超えたらほっぺにちゅーしてあげてもいいぜとか、95点!?すごい!美少女が添い寝してあげようか!?って感じの かもめさんはもともとできる人だから教え方下手そう やたら専門用語だし相手が躓く理由がよく分からない

丸付けの時可愛いからって赤ペンでハート型とか描いちゃうからすさんと、間違えたらぶつくさ小言いってくるのに、問題提示してくる時プリントの一番隅に小さくうさぎの絵に吹き出しつけてがんばれ!とか書いてくるうずらさん かもめさんは回答集開けるより自分で解いた方が早いとか言って暗算しだす

 

 

mari-ebisen.hatenablog.com

 

 

mari-ebisen.hatenablog.com

 

 

mari-ebisen.hatenablog.com